30代 ベースメイク

MENU

30代のベースメイクのやり方とは?すっぴんメイクで大事なこと

30代からのベースメイクのやり方って難しくありませんか?

 

すっぴんメイクをしたいなら、化粧下地を
しっかり選ぶことがまず大事ですよね。

 

そこで、30代からのベースメイクの
やり方をご紹介していきます。

 

”ベースメイク”は、メイクの基本中の基本。

 

ベースメイクには
ファンデやコンシーラーといった、
いくつかのステップが存在します。

 

中でも下地は、
1番最初に肌に塗るもの。

 

ついついファンデ選びに
力を入れてしまいがちですが、
下地選びを間違ってしまうと
美肌を作ることはできません。

 

年齢を重ねた30代以降では、
乾燥・毛穴・シミ・小じわ等の
様々な肌の悩みを抱えています。

 

これらの肌の悩みを
いかに目立たなくするかが、
ベースメイクのポイントです。

 

色むらは、コンシーラーや
ファンデでカバーしますが、
毛穴や小じわといった凸凹は、
ファンデでは対応できません。

 

肌に凹凸があると
ファンデを均一に塗れないため、
シミやそばかす等の色むらも
キレイにカバーできません。

 

ですから優秀な下地を使って、
肌の凸凹をフラットにする
必要があるんですね。

 

化粧下地は通常の下地に加え、
毛穴や小じわといった凹凸の
カバー機能がある下地を
チョイスしましょう。

 

凹凸を平らにすることで
ファンデが均一に塗れるので、
シミやそばかす等の色むらも
目立たなくできるんです。

 

肌の凹凸カバーは、
30代のベースメイクに
欠かせないポイントです。

 

また、もう1つのポイントは、
テカリを防止することです。

 

メイクが崩れてしまうと、
せっかくの美しさも台無し。

 

テカリ防止機能がある下地は、
余分な皮脂を吸着することで
メイク崩れを防いでくれます。

 

シルキーカバーオイルブロックは、
凹凸カバー機能と皮脂吸収機能を
兼ね備えた化粧下地なんですね。

 

キチンキトサン配合で、
毛穴や小じわ等の凹凸を
なめらかにしてくれます。

 

また、絹由来の
シルクセリシンパウダーが
余分な皮脂をしっかり吸収。

 

メイク崩れを長時間防ぎ、
キレイを保ってくれます。